流行に乗るだけのweb戦略していませんか

web戦略はさまざまな流行がありました。

webが登場した当初はとにかくドメインを取り、サイトを作ればアクセスが稼げると言われ、どんどんドメインを増やした方も多かったようです。

しかし、ユーザー自体がまだ一般人が少なかったこともあり、ただあるだけでは意味がありませんでした。

次の流行はSEO戦略です。

キーワードがサイトにいくつあれば検索上位になるとか、他のサイトとの連携が取れてる数が重要であるとか、有名なサイトに紹介してもらえば検索サイトの順位が上がるとかです。

これらのSEO対策はweb戦略でも重要視されていますが、流行に乗っただけのサイトでは中身がなく、ユーザーはアクセスしても意味を見出せないことが多かったようです。

そのため、競争相手が増えればすぐに陳腐化され、検索サイトで上位にいてもアクセスを稼げないというサイトも多かったようです。

web戦略は誰が主人公なのか決めて動くことが必要です。

ただたんにはやっているからという理由でSEO行っているとコンテンツが薄くなり、本来の主人公であるはずのユーザーを蔑ろにしてしまうサイトが多くありました。

web戦略では誰に見てもらいたいのかが重要です。

しかも、ユーザー本位のサイト作りは検索サイトにも好まれる傾向が強くなっています。

キーワード主義からコンテンツ主義へ切り替わっており、また、スマートフォン対応も必須となっています。

サイト作りは誰のために行うかが重要になっており、コンテンツをしっかり届けたい相手にすぐに届けられる仕組みが重要です。

レスポンシブルデザインなどユーザーフレンドリーなしくみが登場し、サイト運営についてもユーザーの滞在時間が増える仕組みがとられることが多くなっています。

そこにはキーワードだけで進めてきたこれまでとは違ってユーザーが情報をいかにスムーズに取れるかが解決されています。

そのため、ユーザーの滞在時間が増え、見て欲しい人に届くweb戦略が行われてきています。