SNSに踊れされるweb社会の消費者とは?

かつて大衆を扇動するメディアと言えば、いわゆるテレビでした。

今でもテレビの影響力は残っていますが、全盛期の半分程度の力しかありません。

一昔前のテレビメディアの影響力は絶大で、番組で紹介した商品が翌日、スーパーマーケットからあっという間にに姿を消す程のパワーを持っていました。

時代が移り変わり、影響力を持つ主要なメディアはテレビからネットのSNSへ更に移行しつつあります。

SNSに踊らされる消費者の特徴として、「流行に強い興味を持っていたい」や「世間の中で普通の人でありたい」等の潜在的欲求を抱える点が見られます。

そのため、SNSで皆が共有している話題のサービスや商品について、テレビ同様に無意識的に欲しいと感じてしまいます。

また単純にSNSの利用時間が長いユーザーも、その分、ネット上の広告を見る機会が増えますので、購買意欲が普通の人々より高まりますし、ネット上の世論に踊らされやすくなります。

web戦略として、SNSユーザーの心をいかにキャッチするか、これもまた今後の企業の課題です。